ギリシャ観光ブログ

アテネ観光とギリシャの島々観光について書いていきたいと思います

アテネから日帰りで行ける場所② 穴場のリゾート、アギストリ島

前回からのつづき

エギナ島からピレウス港へ帰る船まで時間が余ってしまったので、急遽アギストリ島に行くことにしました。

チケットはエギナ港のチケット売り場で購入できます。(もちろんオンラインでも買えます)

アギストリ島はエギナ島の西にある小さな島で、エギナからフラインドルフィン(高速船)で10分程の距離です。あまり有名ではありませんがとてもオススメな島です。島にはメガロホリ、スカーラ、リメナリアの3つのエリアがあります。

f:id:allpressco:20190911204500j:plain

↓エギナから出発するフライングドルフィンです。

f:id:allpressco:20190910231234j:plain

アテネから直接行く場合、ピレウス港(ゲートE8)からアギストリ行の船で1時間くらいで行けます。

ピレウスからアギストリの船は朝9時くらいから出て、アギストリ発が最終19時くらいまであるので日帰りでも十分楽しめます。

私のようにエギナ島とアギストリ島両方行くことも、それぞれの滞在時間は少なくなりますが可能です。その場合、ピレウスからエギナへはちょっと早めに行って(7時くらいから出ています)お昼くらいにアギストリに移動し、帰りはアギストリからピレウスまで直接戻ると、慌てずに両方見れていいと思います。

※季節によって船の時刻、便数が変わりますのでご確認下さい。上記の時刻は夏の場合です。

 

船はアギストリ島のメガロホリ(ミロスともいう)港に到着します。港にバス乗り場があり、ビーチやレストランなどでにぎわうメインエリアのスカーラへ行くバスが出ています。

メガロホリ港にはバギーレンタルやスキューバダイビングのお店がありました。

f:id:allpressco:20190911205018j:plain

港には漁船も停まっていました。

f:id:allpressco:20190911205538j:plain

ちょっとわかりにくいですが水がとてもきれいでした。港って若干水が滞ってるので透明度が落ちると思うのですが、ここは港でも海の底がよく見えました。

スカーラに行く前にメガロホリをぶらぶらしてみましたが、とにかく人がいない。お腹がすいたのでタベルナを探していたらようやく第一村人のおばあさん発見。「タベルナありますか?」と聞いたら「私がやってるよ。ここ」とすぐそばのタベルナを教えてくれました。『Meraklis Ouzeri (住所:Megalochori 180 10)』というところです。

そんな感じで入ったタベルナでしたが、そこでイワシ好きの私がイワシ第一位を更新するイワシに出会いました。(イワシ言い過ぎ)

f:id:allpressco:20190911213217j:plain

港からすぐの坂の上で海が良く見えます。f:id:allpressco:20190911211504j:plain

ビーツのサラダ。レモンとオリーブオイルだけですが茹でたビーツの甘みが引き立ちおいしかったです。

f:id:allpressco:20190911211549j:plain

トマトときゅうりのサラダ。ギリシャの野菜ってとても味が濃くておいしいです。きゅうりの皮も剥いてありここのタベルナはとても丁寧です。

f:id:allpressco:20190911212017j:plain

ズッキーニのコロッケ。すりおろしたズッキーニにフェタチーズ、ディルなどを混ぜたもののフライ。外がカリッと中がふわふわでした。ディルが効いていておいしかったです。

f:id:allpressco:20190911211638j:plain

ジャーン。こちらが第一位(私の中で)のイワシのグリルです。ちょっとスモークされたイワシがちょうどいい焼き具合いに焼かれ、なんとも言えないおいしさでした。付け合わせのトマト、パセリ、玉ねぎを巻いて食べたらまた違う味わいで絶品でした。

f:id:allpressco:20190911212301j:plain

勢いあまって頼みすぎましたが、こちらアンチョビ(カタクチイワシ)のフライ。カラッと揚がっていてとてもおいしかったです。

ここのタベルナのおじさんが話好きでいろいろ教えてくれました。アギストリ島は人の少ない小さな島ですが、海がとてもきれいでリゾート地としてギリシャ人、外国からの観光客に人気だそうです。ギリシャの他のリゾート地に比べるとレストランやホテルは安いので、特に若い観光客がたくさん訪れるそうです。夏はホテルが満室になるので新しいホテルが少しずつ増えてきているとのことでした。

アテネから近い穴場のリゾート地というところでしょうか。

 

とゆっくりご飯を食べ、おじさんと話をしていたら時間が無くなってしまいスカーラに行けませんでした。アギストリ島ってスカーラのビーチがメインなのに。完全に計算ミスでした。おじさんに「ここ(メガロホリ)から歩いて20分くらいで行けるよ」と言われたのですが炎天下の中往復40分、しかも私はエギナに一旦帰らなくてはいけないので、船の時間にギリギリで諦めました。

 

スカーラのイメージはこんな感じです。クリックするとそれはそれは美しい写真が出てきます。行きたかった!

www.greeka.com

スカーラは青い屋根の大きな教会が目印で、そのすぐ近くにあるビーチは遠浅で海水の透明度が高く、美しいエメラルドグリーンが印象的です。ホテルやお店がたくさんあり、新鮮なシーフードが食べられるレストランもたくさんあります。

今回はエギナから急遽アギストリに行くことになったので、滞在時間が3時間くらいしかありませんでした。今度行くときはアギストリだけに行ってゆっくりビーチを楽しみたいです。

 

スカーラに行けませんでしたが、メガロホリもほのぼのしていてよかったです。

f:id:allpressco:20190911202800j:plain

f:id:allpressco:20190911202707j:plain

 古いお家がたくさんあり扉がかわいいかったです。f:id:allpressco:20190912045728j:plain

 海が本当にきれいでした。

アテネからすぐ行ける穴場のリゾート地、おすすめです。

 

 

アテネから日帰りで行ける場所① エギナ島

エギナ島はアテネから気軽に行けるサロニコス諸島の島です。

f:id:allpressco:20190910204746j:plain

エギナ島、ポロス島、イドラ島との3島クルーズツアーが人気ですが、今回はその中のエギナ島についてです。

 エギナ島の歴史は古く、紀元前約3500年には文明があったことが確認されているそうです。

エギナが最も繁栄した時代が紀元前730-500年で、主な産業が商売や船でした。またエギナはギリシャで初めて硬貨が鋳造された場所で、古代ギリシャでは最も重要な場所の一つだったそうです。

エギナ島の2/3は休火山から形成されていて、土壌が豊かでブドウ、アーモンド、オリーブなどが生産されています。その中で一番有名な農産物はピスタチオです。鮮やかな赤ピンクの実が印象的なエギナのピスタチオは高品質で、これを食べたら他のピスタチオが食べられなくなると言っても過言ではないです。

9月頃になると収穫の時期なので、とても珍しい生のピスタチオを味わうこともできます。

f:id:allpressco:20190910204351j:plain

ちょっとボケてますが、生ピスタチオ(ゆで)は実がプルンとしておいしかったです。

エギナの港周辺にはたくさんのピスタチオ屋さんが並んでいて、お土産に買って帰れます。

f:id:allpressco:20190903180019j:plain

無塩ロースト。香ばしくて味が濃くておいしかったです。

 

エギナへはピレウス港から船で40分から1時間(船によって変わります)で到着します。

エギナ行きはピレウス港E8から出ています。チケットは当日でも買えます。乗船場所にあるチケットブース(カード可)で行き先を言って購入します。

フランイングドルフィンという船は約40分と早いのですが、揺れがあるのとデッキがなく船内が燃料臭いのでちょっと船酔いしやすいです。

大型船だと1時間程かかりますが、ゆっくりと外の景色を眺めながら行けます。値段もこっちのほうが安いです。

f:id:allpressco:20190625030808j:plain

f:id:allpressco:20190625024746j:plain

天気が良く揺れもなく外で座って景色が見られました。

f:id:allpressco:20190625024929j:plain

船内にカフェがあります。f:id:allpressco:20190625032133j:plain

エギナ島に着くとすぐ見える港の小さな教会。

 

エギナにある神殿「アフェア神殿」はこの港から徒歩5分ほどのエギナタウンのバス停から行けます。バス停前のチケット売り場で往復チケットを買います。

エギナタウンから出発なので、時間になったら「アギアマリナ行」のバスに乗りアフェア神殿で降ります。途中で聖ネクタリオス修道院でもバスが止まります。時刻表はここです。

修道院も見どころですが、この後アギストリ島にも行きたかったので今回はパスしました。

f:id:allpressco:20190910202506j:plain

 アフェア神殿。女神アフェアが祭られていて紀元前6世紀から5世紀にかけて建造されたものです。アルカイック期の代表的な神殿で 保存状態がとてもよくドーリア式の石柱が24本も残っています。この石柱は大部分が一本石でできています。

このアフェア神殿とアテネにあるパルテノン神殿、スニオンにあるポセイドン神殿をつなぐときれいな二等辺三角形になり「聖なる三角形」と呼ばれています。

またアフェア神殿、アテネの古代アゴラにあるヘファイストス神殿、デルフィのアポロン神殿をつなぐとこちらも二等辺三角形ができるようです。

他にもアフェア神殿を含めた「聖なる三角形」がいくつかあるそうです。不思議ですね。きっとアフェア神殿はこの時代特に重要な神殿だったのではないでしょうか。

f:id:allpressco:20190910212356j:plain

 力強いドーリア式の石柱。一本石です。

f:id:allpressco:20190910212509j:plain

 

f:id:allpressco:20190910212939j:plain

 素晴らしい保存状態ですね。

エギナタウンまではまたバスで帰りました。神殿の入口にある売店前で待っていると「エギナタウン」行のバスが来るのでそれに乗ってエギナタウンまで戻りました。

f:id:allpressco:20190914025023j:plain

神殿前の売店。お土産も売っています。

f:id:allpressco:20190914025136j:plain

ここの売店で買ったピスタチオアイスクリーム。まあまあです。エギナタウンのピスタチオ屋さんのアイスクリームの方がおいしいです。

エギナタウンは細い通りにいろいろお店があってかわいらしかったです。

f:id:allpressco:20190910214620j:plain

f:id:allpressco:20190910214838j:plain

 

f:id:allpressco:20190910215109j:plain

f:id:allpressco:20190910215146j:plain

タベルナもあります。

 

 

この後はエギナ島から船で15分で行けるアギストリ島に行きました。次に続きます

ギリシャヨーグルトのお店 その③

ヨーグルトシリーズ第三弾。

この前久しぶりにアテネに行った時、新しいお店ができていました。(もしかしたら前からあったのかも知れませんが)

そこにすごくおいしいギリシャヨーグルトがありました。

そのお店はシンタグマ駅から歩いて5分ほどの「ERGON House(エルゴンハウス)」というホテルの一階にあります。とても素敵なカフェレストラン+食材品+肉屋+魚屋+野菜が売っているおしゃれマルシェな感じのお店でした。ギリシャってどんどんおしゃれなお店が出来ていますね。

 

そこのグリークヨーグルトはこってり濃厚で酸っぱくないクリームチーズのような感じでした。まさに私がイメージしているグリークヨーグルトでした。6.5€だったかな?

ヨーグルトの上にグラノーラと生フルーツとドライフルーツとナッツとはちみつが掛かっていてボリューム満点です。

甘党の私はもうすこしはちみつがかかっていたらなと思いましたが、これくらいの方が健康的でいいんだと思います。

f:id:allpressco:20190826035601j:plain

多分、はちみつ下さいと言ったらくれると思います。

他に頼んだパンの盛り合わせにはちみつがついていたので、それをかけて大満足なヨーグルトでした。f:id:allpressco:20190826035915j:plain

このパンの盛り合わせ、サワードーブレッドとクロワッサンに手作りマーマレード、はちみつ、バターがついていました。7€だったかな?(忘れっぽくてすみません)パンの付け合わせにマーマレード、はちみつ or チーズが選べます。これもすごくおいしかったです。とくにクロワッサンがおいしかったです。

そしてここコーヒー、カフェラテを頼んだんですがすっごくおいしかったです。3.5€だったかな?(すみません)

ちなみにこの二つのメニュー二人でお腹いっぱいになります。

おいしくて次の日も行ったのですが、どうやらヨーグルトはブランチメニュー(14時まで。13時30分ラストオーダー)のようで14時以降はメニューが変わっていました。

なのでヨーグルト目当てでしたら、13時30分までにどうぞ。

 

<お店の様子>

オーガニック系の野菜がカフェスペースの横に売っています

f:id:allpressco:20190826034549j:plain

 

f:id:allpressco:20190826034655j:plain

カフェスペースの真ん中にあるオリーブの木が象徴的です。

f:id:allpressco:20190826034944j:plain

お肉売り場。お店のメニューのビフテキ(ハンバーグみたいなもの)も売っています。

f:id:allpressco:20190826041717j:plain

他にもこのお店オリジナルのものが売っていたり、お土産になりそうなおしゃれな食材がたくさん置いてありました。見ているだけでも楽しいです。

 

このカフェレストランの上にあるホテル「ERGON House Athens」がすごくよさそうでした。内装が日本っぽい感じでとてもスタイリッシュで素敵です。宿泊するとここのカフェレストランの朝食がついてくるみたいです。いつか泊ってみたいです。

 

ヨーグルトのオススメがまた違う方向に行ってしまいましたが、私はここのヨーグルトが一番こってりしていて好きです。

 

良かったらお試しください。

 

ERGON House in Athens

Address: 23, Mitropoleos Street, Athina 105 57

電話:21 0010 9090

7時30分~24時 定休日なし

 

 

おすすめ 夏のギリシャ旅行持ち物

夏ですね。ギリシャ旅行に最適なシーズンになってきました。

 

今回は、ギリシャに旅行するときに持って行ってよかったものをご紹介します。

私の個人的な意見ですが、良かったら参考にしてください。

 

1.日焼け止め

とにかく日差しが強いです。ギリシャでもニベアの日焼け止めなど買えますが、日本に比べて高いです。あと日本の日焼け止めの方がさらっとしています。大きなボトルのものしか売っていない所もあり、ちょっと不便なので日本から持って行くことをお勧めします。

 

2サングラス

夏は日差しが強いのであったほうがいいです。ギリシャのお土産屋さんにも10€くらいで売っていますが、安いものはデザインが微妙だったりします。日本のものは安くてもデザインがいいですよね。

 

3帽子

遺跡などを巡るときは、日陰が少ないので帽子があったほうがいいです。お土産屋さんでも10€くらいで売っています。帽子のデザインはそんなに悪くないです。日傘をさしている人はあまりいないのと、道が滑りやすいので手にあまり物を持っていない方がいいと思います。

 

4ウェットティッシュ、除菌ティッシュ

ご飯を食べに行った時におしぼりが出てくるのは、一部のシーフードレストランだけでした。ほとんど出てきませんので、持っていると重宝します。ギリシャのスーパーなどで売っているものはすごく香りがきつかったので、日本から持って行くことをお勧めします。

トイレの便座を消毒するときにも使いました。

 

5虫よけミスト

夏は蚊が多いです。夜にご飯を食べに行って気づくと結構喰われていました。ギリシャにもありますが、これまた香りがむせました。日本の小容量のものがお勧めです。ガスのスプレー式のものは飛行機に持ち込みが出来ないのでミストのものを。

 

6歩きやすい靴とビーチサンダル

ギリシャは道が大理石を使っているところが多く滑りやすいのと、遺跡では砂利道や段差が大きなところを登ったりするので、歩きやすい靴が必要です。海に泳ぎに行くときはビーチサンダルも必需品です。あとホテルでスリッパがないところがあるので、ビーチサンダルを代わりに使っていました。

 

7扇子

これは持って行けばよかったと思ったものです。

暑い時に仰ぐと涼しいですよね。アテネの女性が結構扇子を持っていてびっくりしました。またメトロで時々クーラーがついてないことがあって、目の前で扇子を使っているギリシャ人女性をうらやましく思いました。

 

8折りたたみシート

エーゲ海の島でビーチ巡りをしたときにとても重宝しました。100均で売っているピクニックとかに使うあれです。

ビーチ巡りで一緒のボートに乗っていた人たちは、砂の上にバスタオルをひいたり、ゴザをひいたりしていましたが、折りたたみシートは軽くてカバンの中に入るし、砂もすぐ落とせるので大変便利でした。

 

8小銭入れ

これは防犯のためです。ちょっと街を散策したりご飯を食べに行くだけだったら、大きな財布を常に持ち歩くより必要な現金だけを入れておけるので便利でした。がま口よりチャックの方がいいです。カードを主に使うのであれば使うカード1枚だけを入れて、チップ用に少し現金を入れておくといいと思います。

全部持ち歩かないのが安全です。

 

9エコバッグ

これも重宝しました。お土産を買うときに持っていったり、海に行くときに水着を入れたり、ちょっと出かけるときにもエコバッグと小銭入れだけで出かけました。少しクタっとしてる肩掛けがおすすめです。エコバッグが体に密着するのでスリにくいかなと思いました。あと、お金を持っているように見えません。私の場合は元から持っているようには見えませんが。

 

10歯ブラシ、歯磨き

ギリシャのホテルではシャンプー、ボディーソープが常備されているところが多いですが、歯ブラシ歯磨きはありませんでした。

これはスーパーで普通に買えるので、忘れても全然大丈夫です。

 

 

以上良かったら参考にして下さい。

イースター、メーデーの公共交通機関(アテネ)運行、運休情報

今年の長いゴールデンウィークギリシャへ旅行という人も多いのではないでしょうか。

今年のイースターは日本のゴールデンウィークと重なりました。

イースター期間は公共交通機関のスケジュールが変わりますので、今回はそれについて書きます。

Athens Transportからの引用なので、ざっくりとした情報になります。

 

4月26日金曜日

バスは土曜のダイヤで動くようです。

メトロ7-10分毎、トラムは25分毎のようで、大体夜の12時くらいまでは動いているようです。(といっても早く終了してしまうかもしれませんので、余裕をもって乗ったほうがいいです)

 

4月27日土曜日

バスは日曜のダイヤで22時まで運行

メトロは約10分毎、最終は早いラインだと22時20分、空港線だと21時30分くらいになるようです。

トラムも本数が減り25分毎で最終は22時。

サバーバン鉄道はevening(って夕方くらいからでしょうか?)は走行しない線があるようです。

 

4月28日日曜日

バスは日曜のダイヤ

メトロは12-15分毎

トラムは30分毎

サバーバン鉄道はいくつかの路線は運航していないようです。

 

4月29日月曜日

バスは日曜日のダイヤ

メトロは10-12分毎

トラムは30分毎

サバーバン鉄道はいくつかの路線が朝の運行がないそうです。

 

4月30日火曜日

バスは土曜日のダイヤ

メトロは5-7分毎

トラムは25分毎

サバーバン鉄道に関しては情報がありません。

 

問題はメーデーです。

5月1日。大規模なストライキがあります。

バス、メトロライン1(緑の線です)、サバーバン鉄道が終日運行なしです。

メトロライン2,3は10-15分毎で運航していますが、メトロライン3の空港への運航はこの日はないので注意してください。

トラムは20分毎です。

ギリシャ全域のの運行も終日ありません。

 

この日は空港へ行くのにはバスもメトロも使えないので、タクシーのみとなります。タクシーもつかまりにくいかも知れないので早めに手配したほうがいいかも知れませんね。

タクシーを捕まえるのに便利なアプリもあります。

アテネのタクシー配車アプリ「BEAT」 - ギリシャ観光ブログ

 

こちら↓にAthens Transportからの情報(英語)がありますのでご確認下さい。

docs.google.com

 

 

 

 

ギリシャヨーグルトのお店 その②

オモニアのお店の他にもう一軒、ギリシャヨーグルトを食べたお店をご紹介します。

オシャレなお店が多いコロナキにあるチーズショップ「Kostarelos」です。

地下鉄エヴァンゲリスモス駅から徒歩5-6分です。

f:id:allpressco:20190416200751j:plain

さすがコロナキ、このお店もとてもおしゃれでした。

f:id:allpressco:20190416200918j:plain

ここは、ヤギとヒツジとウシのヨーグルトがあって、ここではウシにしました。

f:id:allpressco:20190416201146j:plain

はちみつもフラワーハニーとパインハニー(松の木でしょうか?)から選ぶことができたので、パインハニーにしてみました。もちろんクルミも付けました。

f:id:allpressco:20190416201336j:plain

ここのヨーグルトのはちみつとクルミはオモニアに比べて控えめの量でした。味はこちらも酸味があってこってりしていました。おいしかったです。パインハニーもコクがあっておいしかったです。

私はてっきりウシのヨーグルトだと酸味がないと思っていたのですが、そうでもないんですね。

酸味がないのは市販のだけなのでしょうか(FAGE totalヨーグルトとか最高です)

口コミサイトでみたここのお店のサンドイッチがとてもおいしそうだったので、店員さんにその写真を見せて注文したのがこちら。

f:id:allpressco:20190416201733j:plain

チーズとキノコとベーコンのホットサンド(勝手にネーミング)

これとってもおいしかったです。このきのこ、シイタケだと思うのですが(→ポートベロマッシュルームでした)肉厚で、他にソフトフェタチーズ、ソース、ベーコンといろいろ入っているのですが、すべての風味が絶妙でパンもカリカリ、中しっとりですごくおいしかったです。

 

f:id:allpressco:20190416202125j:plain

↑この上から二つ目の4.5€のもの(店内で食べるともう少し値段が上がります、5.4€だったかな?)がそのホットサンドの名前だそうです。

食後にコーヒーを頼みました。とても大きなカフェラテでした。このお店の牛乳を使っているそうで濃厚でした。

f:id:allpressco:20190416202658j:plain

このコーヒーについてきたビスケット(コーヒーの左下)がこれまたおいしかったです。シナモンが効いていてサクサクしていて、Lotusビスケットをもっとおいしくした感じでした。

お店の奥がショップになっていて、乳製品やギリシャの食品など購入することができます。このビスケットも売っていたので購入しました。

f:id:allpressco:20190416202937j:plain

結構入っていてこれで3.8€だったと思います。お土産にピッタリです。

f:id:allpressco:20190416203155j:plain

f:id:allpressco:20190416203338j:plain

他にもいろいろ売っていて見ているだけでも楽しかったです。

ヨーグルトはオモニアのお店の方が好みでしたが、サンドイッチは絶品でした。

ヨーグルトのお店紹介なのにサンドイッチがおすすめのお店になっちゃいました。

こちらもおすすめです!

Kostarelos Cheese

住所:Patriarchou Ioakim 30-32, Athina 106 75

日曜休み

https://www.kostarelos.gr/

 

 

 

ギリシャヨーグルトのお店 その① 

ギリシャのヨーグルト、濃厚でおいしいですよね。

日本でもいろいろな会社からギリシャヨーグルトが出てきたので手軽に食べられるようになりましたが、やはり本場のグリークヨーグルトは外せないですよね。

 

ということで、アテネで試したグリークヨーグルトのお店をご紹介。

f:id:allpressco:20190416190613j:plain

 

まずは、オモニアにある1931年創業の「Stani」

デパート?の「Hondos Centre」の裏の方にあるお店で、地下鉄オモニア駅から徒歩1分です。

私好みの昭和の喫茶店のような老舗感のあるお店です。

ここはヒツジ、ウシのミルクで作られたヨーグルトがありました。

珍しいのでヒツジヨーグルトを試しました。ハチミツとクルミも一緒に付けてもらいました。

ヒツジのミルクから作られたヨーグルトはウシよりも栄養素が高く、乳酸菌も多いそうです。次の日ばっちりでした(何の話?)

f:id:allpressco:20190416190647j:plain

お兄さんがこれでもか、というくらいハチミツをかけてくれます。

すごいボリュームです。クルミもいっぱい!

f:id:allpressco:20190416190730j:plain

ヒツジのヨーグルトは思ったほどクセはなく、酸味がありました。グリークヨーグルト特有の濃厚でもったりし食感でとてもおいしかったです。

酸味があったので、このハチミツの量でちょうどよかったです。クルミも絶対付けたほうがいいです。歯ごたえがあっておいしかったです。

f:id:allpressco:20190416190819j:plain

f:id:allpressco:20190416190916j:plain

他にもケーキ、バクラバ、ルクマデスなどギリシャのお菓子も置いてありました。

f:id:allpressco:20190416191035j:plain

ショーケースに謎の物体があったので、なにか聞いたら「チョコクリーム」とのことでこれも注文。

この謎の円盤ですが、とてもおいしかったです。チョコカスタードをゼラチンでもうちょっと固くしたような感じで、最初、普通だなと思って食べていたのですが、なんだかクセになりスプーンが止まらず完食しました。インスタ映えはしませんが、話のネタにはなるのではないでしょうか。

f:id:allpressco:20190416191728j:plain

↑このメニューの一番下の写真、「Butter with Honey with Syrup」とバターにハニーとシロップまで??とすごく気になったのですが、お腹いっぱいで諦めました。どうやらパンと一緒の食べるようです。乳製品屋さんのバターなんてきっとおいしいですよね。

テイクアウトで買って帰る人が続々と来ていて、とても忙しお店でしたが、お店の人は親切にいろいろと説明してくれました。

場所がオモニアなのでお昼に行くのがいいと思います。

おすすめです。

Stani

住所:Marikas Kotopouli 10, Athina 104 32

http://www.stani1931.com/en_index.html